遠隔医療

ヒストリー

  • カラー動画像を用いた遠隔医療を開始
    1994年10月20日
    カラー動画像を用いた遠隔医療を開始

    INS net64 1回線を使用し、眼科医局と余市協会病院との間でカラー動画像・音声の双方向伝送に成功。伝送画像が1秒間15コマ程度で、なめらかさに欠ける。

  • 1秒間30コマの動画伝送に成功
    1995年01月
    1秒間30コマの動画伝送に成功

    INS net64 3回線を使用し、眼科医局と旭川高砂台病院余市協会病院との間で、1秒間30コマのなめらかなカラー動画像の双方向伝送に成功。

  • INS net1500での運用を開始
    1995年12月21日
    INS net1500での運用を開始

    眼科医局と釧路赤十字病院との間を、INS net1500 1回線とINS net64 1回線で結び、より高画質な動画像で遠隔医療を開始。

  • ハーバード大学スケペンス眼研究所(SERI)と交信開始
    1996年11月14日
    ハーバード大学スケペンス眼研究所(SERI)と交信開始

    ボストン(米国)を結ぶテスト開始。動画像・音声の相互伝送に成功。

  • 旭川医大病院手術室 ⇔ 眼科医局 ⇔ SERI(米国)
    1996年12月11日
    旭川医大病院手術室 ⇔ 眼科医局 ⇔ SERI(米国)

    SERI(米国・ボストン)間と本格運用開始。旭川医大病院手術室からの硝子体ライブ手術をリアルタイム伝送しカンファレンスを実施。3地点相互伝送。

  • 市立旭川病院眼科 ⇔ 眼科医局 ⇔ SERI(米国)
    1997年11月19日
    市立旭川病院眼科 ⇔ 眼科医局 ⇔ SERI(米国)

    市中病院を含んだ三元遠隔医療に成功。市立旭川病院眼科の患者さんを旭川医大眼科とSERIで同時に診察しながらカンファレンスを実施。

  • 眼科医局 ⇔ 南京中医薬大学 眼センター中国)
    1998年10月16日
    眼科医局 ⇔ 南京中医薬大学 眼センター中国)

    南京中医薬大学 眼センターとの間でライブカンファレンスを実施。眼科医局から硝子体手術映像の伝送と解説を実施。南京中医薬大学から屈折矯正手術のライブ映像を伝送。以後、各種カンファレンスにも利用。

  • 旭川医科大学附属病院に遠隔医療センター開設
    1999年07月15日
    旭川医科大学附属病院に遠隔医療センター開設

    眼科を含めた全診療科目に対応。眼科学講座の吉田晃敏教授がセンター長に就任。

  • 市立根室病院と連携強化
    2000年07月
    市立根室病院と連携強化

    市立根室病院と全診療科で遠隔医療を開始。市立根室病院は、遠隔医療の集中管理を行える操作室を中心に、当センターや、各地の遠隔医療施設の手術室、内視鏡室、CT検査室、病理検査室、眼科診察室などと接続。