研究開発

Research and Development

遠隔医療ネットワークの拡大や遠隔医療システムの高度化を目指し、様々な組織・機関と連携しながらICT(情報通信技術)の研究開発に取り組んでいます。

目のコホート研究

旭川医科大学 医工連携総研講座は、地域住民の生活習慣及び健康測定結果・眼検査結果と、眼疾患発症との関係を、横断的(集団調査)かつ縦断的(追跡調査)に研究するため、留萌市及びNPO法人るもいコホートピアが有するコホート研究フィールドを活用して、ウェルネットリンクを利用した目のコホート研究を行っています。

この研究では、検査結果などをウェルネットリンクに登録して、研究者、研究参加者、留萌市との間で情報共有を図っています。遠隔医療センターでは、ウェルネットリンクの活用に関わる支援を行っています。

コホート研究参加募集ポスター(留萌市)

研究に参加する留萌市民

研究への参加に同意した留萌市民に、ウェルネットリンクの会員登録を行ってもらい、「るもい健康の駅」で実施する健康測定や眼検査の結果を、ウェルネットリンクでいつでも確認できるようにしています。

るもい健康の駅
るもい健康の駅で健康測定 るもい健康の駅で簡易視野検査 るもい健康の駅で眼圧・眼底検査

眼科専門医が目の健康状態をアドバイス

医工連携総研講座の眼科専門医は、ウェルネットリンクの健康アドバイザの権限で研究参加者の検査結果を閲覧・ダウンロードし、研究に利用しています。また、ウェルネットリンクを介して研究参加者の眼底画像を読影し、目の健康状態をチェックした後、ウェルネットリンク上で本人にアドバイスを行っています。

研究参加者の眼底画像を読影して健康アドバイス